本当の「インフレ期待」とは〜期待するだけでは、インフレ期待は生まれない〜

先月末に名古屋市で講演した日銀の黒田総裁から、追加緩和の実行を匂わせるような発言が飛び出した。「日銀総裁、物価2%は早期に達成賃金上昇まで待つ考えない」
(11月30日ロイター、http://www.msn.com/ja-jp/news/money/)
『日銀の黒田東彦総裁は30日、愛知県の名古屋市内で講演と会見を行い、賃金と物価の動きは同調的とし、賃金が上がるまで物価の上昇を待つ考えはない、と語った。2%の物価安定目標の早期達成にあらためて意欲を示したもので、物価の基調に変化が生じれば「追加緩和であれ何であれ、ちゅうちょなく金融政策を調整する」と強調した。
総裁は中長期的に物価と賃金が同調的に動くのは「統計的な事実」とし、「物価目標の実現をゆっくりやっていれば、賃金の調整もゆっくりになるだけだ」と指摘。このため、毎月などのペースでみて賃金の上昇が物価よりも遅れているからと...

ご支援くださる方はクリック→