マスコミと自称弱者だけが持つ思想弾圧特権

最近、弱者の権利保護を盾に取っての度を超した「言葉狩り」や「思想狩り」が横行している。『県職員「同性愛は異常でしょ」と投稿…処分検討(12月2日読売新聞)』
“岐阜県技術検査課の30歳代の男性職員が、ツイッターに「同性愛は異常」などと投稿していたことが分かった。
職員は1日、県の聞き取り調査に対して事実関係を認め、投稿を削除したうえで謝罪文を書き込んだ。県は職員の処分を検討する。
同県人事課やツイッターなどによると、職員は先月29日、神奈川県海老名市の市議がツイッターに同性愛者に対する差別的な書き込みをしたことを受け、「同性愛は異常でしょ。だいたい、何で同性愛者とかは自分の変態的異常性を公表したがるんだ?」などと投稿した。この日、職員は休みだった。
職員がツイッターのプロフィル欄に「某県庁職員」などと記載していたことなどから、投稿後、県に複数の情報が寄せられ、発覚した。...

ご支援くださる方はクリック→