⑤政府債務の原資

政府債務の原資

テレビに出演している経済学者や政治家は、国債を買い入れる原資は個人金融資産家や外国人投資家のお金だと言っています。また、金融資産を持っている個人や外国人投資家が、国債を買わなくなったら、買い手のいなくなった国債は暴落し、日本経済は破綻すると言ってします。
ある店が限定100箇の人気ドーナツを売り出したとして、1000人の行列が出来たとします。この1000人のうち、先頭から100人がドーナツを買うことが出来たとして、このとき、ドーナツ販売の原資は先頭から100人のお金しかないとでも言うでしょうか。個人金融資産家や外国人投資家は、運良く、日本の国債を買えていただけにすぎません。日本政府としては、個人金融資産家や外国人投資家がいつも先頭に並んでいるので売ってやっているだけです。他にいくらでも買い手はいます。年金基金、公的基金、銀行、そして、最後に控えているのが日銀です。...

ご支援くださる方はクリック→