⑥インフレ税の意味

インフレ税の意味

日銀が国債の直接引受を行った場合、それを政府債務にカウントする者もいますが、日銀は政府の一機関であり、そうした自分(国家)と自分(日銀)の心の中の葛藤などは本来の経済学とは関係ありません。自分と自分との間では債務不履行などの問題は起こらず、外部に対する影響、すなわち、インフレだけを心配していれば良いのです。「インフレ税」の定義は、「インフレによる国民負担の増大」を言います。政府が債務を拡大し、すなわち、貨幣を発行して、政府が財政支出を行う場合、インフレ税によって、国民の生産物や労働力を強制的に調達することと同じ現象が起こりますが、貨幣を発行して得る生産物や労働力はただちに所得再分配に使われるので、ただちに国民のものになりますから、国民から取り上げるという表現は当たりません。インフレが国民に負担をかけた場合、一部の国民は得をし、一部の国民は損をしますが、国民相互の問題...

ご支援くださる方はクリック→