よ、読売新聞が意味の分からない社説な件(前からか…

はいコテヤンです。次の記事をまずどうぞ。

補正予算編成バラマキで課題は解決しない
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20151206-OYT1T50109.html


うん、読売新聞の社説を書く人はどっか壊れてるみたいだよ?
2期連続マイナスでリセッション入りしたにもかかわらず、社説の結論は

「新規国債の発行を回避するのは妥当だが、危機的な財政状況を考えれば、本来、余った予算は借金返済に充てるのが筋であることも忘れてはなるまい。」

頭痛い。非常に頭痛い。
あ~すいません、清水寺から飛び降りて頂いてよいですか?マジで。
景気後退したのにもかかわらず、予算削減して借金返せとまるで「ナニワ金融道」の借金取りのオッサンみたいなこと言ってます。
(いえ、青木雄二さんが生きてたらこんな頭の悪いことは言ってないと思いますが…)
b...

ご支援くださる方はクリック→

このユーザーがいいねしています

  • まさ

「よ、読売新聞が意味の分からない社説な件(前からか…」のコメント一覧

  1. 1
    noranekoma のらねこま  :

    こんにちは、私も新聞の紙面でこれを読んで目が点になりましたw。金融の仕組みを本当に知らないのか、あるいは知っていてもあえて「カネを返せ」と言っているのか。馬鹿が天下の読売新聞の社説を書けるとは思えないので後者ではないでしょうか。国債価格維持のための利益誘導かも。

    何のために日銀が金融緩和しているかといえば、景気刺激のため信用創造で世の中の預金(マネーストック)を増やそうとしているわけですよね。国債を返済すると信用収縮で預金が減るんですけど、どーすんですかね。企業が本格的にカネを借りる(預金がどんどん増える)状況になるまえに国債を返済すると世の中が信用収縮つまりデフレ化(通貨不足)する。アホでし。

  2. 2
    コテヤン@どうやら管理人 コテヤン@どうやら管理人  :

    >>のらねこまさん
    まったくもって仰るとおりで、私もGoogleのニュース欄で「????」となりましたw
    一体何を言ってるんだかもう、訳がわかんないという。
    あれかもしれませんね、安倍政権が緊縮財政に舵を切る観測気球的な感じかもしれません。

    だめだこりゃ…とw