三世代同居は意外に支持されている?

介護と少子化問題に対する政策「三世代同居」女性が案外支持
家族の介護のために仕事を辞めざるをえない介護離職者は、年間10万人。仕事を続けながら介護を続ける人はもっと多く、約300万人いるといわれている。一方で、認可保育所に入れない待機児童数は2万3167人(今年4月時点)。出産・子育ての不安が大きいことが少子化につながっているとされる。こうした介護の人手不足、少子化の両問題に対する政策として安倍政権が掲げているのが「三世代同居」だ。≪続きを読む≫[アメーバニュース]


タイトルの「案外」という言葉にこの政策の評判が現れているような気がします。実のところ、あちこちで叩かれています。

記事には「不動産・住宅情報の専門サイト「オウチーノ」の調査(11月12~14日の3日間、首都圏在住20~49才既婚子持ち男女717人対象)によると、36.5%の人が三世代同居を希望しているという。...

ご支援くださる方はクリック→