米国を動かすキリスト教原理主義 – 渡辺靖(慶応義塾大学環境情報学部教授) – BLOGOS


米国を動かすキリスト教原理主義 - 渡辺靖(慶応義塾大学環境情報学部教授) >>記事全文
BLOGOS
つまり、そうした新自由主義によってもたらされる「社会的紐帯の分断」や「意味の渇き」を埋め合わせるイデオロギーとして、確固たる価値が志向されているというわけだ。そして、その確固たる価値の拠り所として「家族」や「民族」、「宗教」、「国家」が憧憬されることになる。新自由 ...

ご支援くださる方はクリック→