内部留保と資産への課税が必要な理由

2015.12.9(じいちゃん)今日は企業の内部留保に対する課税や家計の金融資産に対する課税が必要な理由を簡単に考えてみたいのじゃ。それと同時に、逆に内部留保や資産への課税するのではなく、課税の代替え案についても考えたい。
(ねこ)内部留保への課税って、企業が持っているおカネに課税することかにゃ。
(じいちゃん)詳しく書くとややこしくなるが、簡単に言えば企業の保有している資産の金額から負債の金額を引いた残りの部分で、これは基本的には株主の資産なんじゃが、配当金として株主に支払わずに、企業が経営のために留保しているおカネじゃ。ただしおカネじゃなくて不動産として保有している場合もあるからこれらに課税する必要はないじゃろう。課税するのはあくまでもおカネ(金融資産)として貯め込んでいる部分じゃ。家庭で言えば貯金からローン残高を引いたようなものと考えると簡単じゃ。つまり正味の貯蓄じゃな。おカネを...

ご支援くださる方はクリック→