①金本位制から管理通貨制度へ

①金本位制から管理通貨制度へ お金は物々交換の仲介手段として人類史に登場しました。物々交換の仲介手段としてのお金は、一旦、大事な米や野菜などの生活物資と交換されるのですから、海のものとも山のものとも分からないものに変えてしまって大丈夫だろうか、ちゃんと自分の必要とするものと交換できるのだろうかという不安を振り払ってくれるものでなければなりません。そこで、最初は、金や銀などの貴金属がお金として使用されました。金や銀といった貴金属は必ず誰か(権力者や富裕層)が欲しがるという意味における価値の普遍性があり、その価値に依存することで物々交換の仲介手段としての信用を得ていたのです。しかし、紙幣のほうが持ち運びに便利なことから、政府がいつでも金銀と交換してくれるという役割を持つ紙幣が登場し、紙幣が金銀の代わりを務めるようになりました。紙幣でも、いざというときに政府が必ず金銀と交換してくれる...

ご支援くださる方はクリック→


Fatal error: Allowed memory size of 163577856 bytes exhausted (tried to allocate 64 bytes) in /home/soukorin/www/anti-neoliberalism/wp-includes/wp-db.php on line 2258