①ケインズが貨幣数量説から離脱した理由

①ケインズが貨幣数量説から離脱した理由 金本位制下において、政府支出の財源を集める方法は税金しかありません。国債は償還するときに金本位制の規則に違反する可能性があるので乱発出来ません。しかし、低所得者や貧困層に増税すれば生きていけなくなりますから、高所得者富裕層への課税を中心にしなければなりません。そこに余った貨幣(担税力)が存在します。ところが、富裕層に対する課税については、富裕層の抵抗が激しく、なかなか増税がうまく行きませんでしたから、政府はしばしば財政危機に陥りました。そこで、業を煮やしたケインズは、金本位制を廃止し、政府が自由に貨幣発行を行い、政府支出を自由に行えるようにしようとしたのです。そうすれば、富裕層への課税が困難でも、貨幣を印刷することによって低所得者や貧困層への所得再分配を目的とする政府支出が行えるようになります。ケインズにとって、金本位制からの離脱は、富裕層...

ご支援くださる方はクリック→