バブル、利上げ、長期停滞の問題とソリューション

今年度に入って、望月夜様の寄稿コラムを毎週火曜日にお届できるようにっております!!!


人気ブログランキングへnoteにて、「経済学・経済論」執筆中! また、「望月夜の経済学・経済論第一巻」(11記事¥3800)も発売中! その他、「財金協調型の名目GDP水準目標政策のすすめ」 「中央銀行の存在意義と機能限界」 などなど……――――――――――――――――――――――――――――
バブル対策の"難点"というのを昔「低成長経済における金融財政政策のトリレンマ」という記事で検討したことがある。
バブルが経済厚生を改善するような経済というのは、サマーズの指摘するように、広義の長期停滞経済ということになる。

長期停滞経済ということは、当然自然金利は低迷、ないしマイナスの域へ沈降しているため、基本的には金利(実質金利)引き下げに向かわなくては...

ご支援くださる方はクリック→