②財政政策の目的=景気のコントロール

②財政政策の目的=景気のコントロール 財政政策の三番目の目的は、貨幣を市場に供給したり回収したりして、国民経済(マクロ経済)の景気動向、つまりインフレやデフレをコントロールすることにあります。政府が貨幣を発行するたびに、市場の貨幣の量が増え、インフレへと誘導されて行きます。そこで、政府は、インフレを抑える対策として、税金や社会保険料によって民間が持っている貨幣を回収したり、国債の発行によって民間の金融機関、保険会社、個人などが持っている貨幣を凍結したりします。財政は歳入と歳出によって行われるのですが、税収の増減によって、黒字になったり赤字になったりします。しかし、政府は企業ではありませんので、赤字だとか黒字だとか、利益を出しているとか、そういうことには何の意味もありません。市場に存在する貨幣量(マネーストック)および中でも取引で使われる貨幣量が問題なのです。 なぜなら...

ご支援くださる方はクリック→