万人受けする表現に懐疑をもち続けたひとりの絵師 – レイバーネット日本


レイバーネット日本 >>記事全文

万人受けする表現に懐疑をもち続けたひとりの絵師 >>記事全文
レイバーネット日本
中曽根は、国鉄解体・分割民営化路線に代表されるように、(その点では、レーガンおよび同時代のイギリスの首相であったサッチャーともども)、新自由主義経済政策を「先進国」において初めて採用した人物だ。日本においては、その後の30年間で稀に見る長期政権となった小泉・安倍両政権下でその政策路線が ...

ご支援くださる方はクリック→