子供あり家庭優遇の所得税増税

今日はこんな記事です。 年収850万円超で合意=所得増税、幹部が会談―自公税調 主要部分を抜粋します。 合意した所得税改革の修正案は、全ての納税者向けの基礎控除を10万円増やす一方、給与所得控除を一律10万円減額、控除額の上限も220万円から195万円に引き下げるのが柱。22歳以下の子どもや介護が必要な家族がいる世帯を除く年収850万円超の会社員は増税、給与所得控除を受けていない自営業者やフリーランスは減税となる。 子育て世帯、低所得者世帯に配慮した所得税増税ということです。「子無し税」的な面が少しあるでしょうか。 あちこちに配慮した結果、増収は900億円程度ということで、小幅な増税ということになりました。 増税分をどこに使うのかを記した記事は見つけられませんでしたが、教育無償化に使うのですかね?あまり賢い使い方ではないと思うの...

ご支援くださる方はクリック→