天災の人災化は不幸しか生まない

『私たち19遺族は本当のことを知りたいだけだ~大川小はなぜ51分間も校庭に留まらせたのか』(12/12東洋経済オンライン)http://toyokeizai.net/articles/-/200781「2011年3月11日に発生した東日本大震災の大津波。当時校庭にいたとされる78人の児童のうち、70人の児童がここで亡くなり、4人の児童が今も行方不明のままだ。11人いた教職員も10人が命を落とした。(略)児童23人の19遺族は、石巻市と宮城県を相手に真相究明のための訴えを起こした。「金が欲しいのか」と心ない声にさらされることもあった。しかし、現場であの日何が起きていたのかが明らかになるまで自分たちは闘う、親たちの決意は固かった。仙台地裁は昨年10月、教員らは津波の襲来を約7分前までに予見できたと認定し、学校側の過失を認めた。現在、仙台高裁で控訴審を争っている。(略)」6年前に東北から関東地方...

ご支援くださる方はクリック→