没後50年、21世紀中南米におけるチェ・ゲバラ – シノドス


没後50年、21世紀中南米におけるチェ・ゲバラ >>記事全文
シノドス
キューバの革命体制は長く中南米の中でも異質な政治体制であったといえるが、00年代頃には中南米全体で多数の左派政権が成立した。中南米における左派とは、社会主義や共産主義の思想傾向を持つことに加え、ナショナリズムや地域主義(ラテンアメリカ主義など)の強さが特徴である。日本ではナショナリズ ...

ご支援くださる方はクリック→