プーチンの少子化対策

今日はこんなコラムです。 少子化対策は「プーチンに学べ」 先日「多く子供を産んだ女性を表彰しては」という意見を述べた議員にバッシングが起こりました。「国際的な失笑・苦笑ものですね」と吐き捨てた教育評論家がいましたが、実は多く子供を産んだ女性に勲章を授与する国があります。それがロシアです。 ロシアの合計特殊出生率は1999年に1.16まで落ち込みましたが、その後は回復傾向にあり、2015年には1.75まで上げています(こちら)。そして、この回復はプーチン大統領の手腕によるものと評価されているようです。 最も大きな政策は、2007年から始まった「母親資本制度」という制度だそうです。第2子以降を出産した母親を対象に、現在は約45万ルーブル(約86万6000円)を住宅取得・修繕費、教育費、母親の退職後の年金加算などの形で国家が支払うというものだそうです。合...

ご支援くださる方はクリック→