意識を変えるべきは大企業

「江戸の昔も値下げ要求は珍しくなかった。飛脚の仕事を請け負う江戸日本橋の商人は、取引先の酒問屋や紙問屋に、値下げは勘弁してほしいとの書面を再三にわたって出している。物流博物館の特別展が紹介する飛脚業者の様子は現代の中小企業と重なる。▼大名家から代金の1割減額を求められ、5分引きにとどめようと交渉したが、結局、押し切られた例もある。それでも顧客とのパイプが細っては大変なので、得意先への付け届けは欠かせなかった。鯛、長芋、まんじゅうに、扇子や羽織、金子など、多様な品物が記録にみえる。仕事をもらう側の立場の弱さがうかがえる。▼今の中小企業が発注元から圧力を受ける背景にも、対等とはいえない力関係がある。取引契約を結ぶにあたって不当な値引きを強いられたり、いったん決まった代金の減額を求められたりと、「下請けいじめ」は後を絶たない。是正するには中小企業自身が、技術力や品質などで一目置かれるようになる努...

ご支援くださる方はクリック→