①なぜ政府債務ばかりが増えるのか

①なぜ政府債務ばかりが増えるのか 政府債務を対民間債務と対日銀債務の区別なく政府債務として一括りにすると、政府債務の意味が判らなくなります。対民間債務と対日銀債務のどちらも政府から見れば債務のように見えますが、日銀は政府の一員であり、日銀が国債を保有するときはすでに債権でも債務でもなくなっていることに注意すれば、対民間債務と対日銀債務の区別は自然に出来るようになります。実際、政府が対民間国債を発行したときに、民間の貨幣を借入していると見るならば、日銀が民間から国債を買い取るときは、日銀が政府の一員として返済していると見なければなりません。ただし、政府が民間の貨幣を借入するとは言っても、政府には貨幣発行権がありますから、資金不足に困って借入するわけではありません。あくまで、一定期間、民間の貨幣を凍結して使えなくすることが目的です。そして、着目すべきは、1990年以降失われた20年...

ご支援くださる方はクリック→