国家にとっての財源とは何か

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ我が国日本の迷走の原因国家とは何か?端的に答えられる人間はあまりいないような気がします。特に日本は歴史的な経緯でこの問いに大して目を背ける傾向が強いようでして、私はメディアにて国家論やその本質とは何か?を論じているところをあまり目にしたことがありません。国家とは端的にいえば「共通した国民意識を持つ人達の集まり、共同体」でありましょう。 では財源とは何か?この集まり、共同体が生みだす供給能力こそが財源であり、通貨というのはそれを取引するためのツールでしかありません。なぜならば通貨そのものも共同体である国家が定め、そしてその発行権も国家が所持しているのですからいくら国債という名の通貨が増えたところで発行権でどうにでもなるわけです。自ら発行できる肩たたき券を自ら借りて「これは借金...

ご支援くださる方はクリック→