「統計学者の指摘・・・経済学とは何か」

本日は有閑爺い様の寄稿コラムです! 

人気ブログランキングへ
 老いの一徹:「統計学者の指摘・・・経済学とは何か」  私は先月に『自由主義は文辞なり』と題して­、著名な評論家の山本七平氏の言を紹介しました。山本七平氏の言は、煎じ詰めると表現は悪いですが、「自由主義経済学など能書きを書き連ねただけのもので、その能書きたるや絵空事」ということになります。
私はなぜ山本七平氏がそうした考えに至ったか全くわかりませんが、おそらく鋭い直感のようなものから来たのではないかと思っています。

一方、前回は「知りえないもの・・・日本経済を支える通貨量」と題して、経済学が実体経済を計測・計量の観点からどう扱っているか、特に通貨量についてそれを掴もう計測しようと努力していないのではないかと指摘しました。そしてそのことを掴んでいないし、いまも掴もうと努力し...

ご支援くださる方はクリック→