安値競争と便乗値上げだけの経営なんてつまらない

『てんや、天丼を値上げ食材費など上昇で』(12/11日経新聞)https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2449267011122017000000/「ロイヤルホールディングス傘下のテンコーポレーションは11日、2018年1月11日から天丼店「てんや」で天丼を値上げすると発表した。看板メニューの500円の天丼は540円に引き上げる。コメやエビの価格が高騰しているほか、人手不足で人件費も上昇しているため、価格に転嫁する。(略)」すき家、鳥貴族に続き、天丼チェーンの「てんや」も看板メニューの値上げに踏み切るらしい。近頃の外食チェーンは何処も値上げ続きで、所得が上がらぬサラリーマンや若者にとっては痛いニュースだ。値上げの理由は、お約束の「原材料費・人件費の高騰」なのだが、確かに、水道光熱費や食材費、材料等の運送費という外食産業にとっての主要コストは少々上がり気味だ...

ご支援くださる方はクリック→