交通事故死者数減少中

今日はこんな記事です。 交通事故死、68年ぶり最少更新の見通し 今年1年間の交通事故による全国の死者数が、68年ぶりに過去最少を更新する見通しになっている。警察庁によると、27日現在の死者数は3637人。1日当たり10人前後が亡くなっており、このペースで推移すると、統計を取り始めて最も少なかった1949年の3790人を下回る。 統計が残る48年以降でみると、交通事故の死者は70年に1万6765人と過去最悪を記録。だが、96年に1万人を下回ってからは減少傾向が続き、昨年は67年ぶりに4千人を下回った。 少子化と直接関係はないのですが、「将来子供を産む可能性がある人」を事故でなくす確率が減っているのは、人口論から考えるとそれなりに意味があると思います。 ちょっと話がそれますが、死亡者数が減っている一方で、お年寄りなどの操作ミスによる事故のニュ...

ご支援くださる方はクリック→