因果関係と現実と経済構造問題

>>ブログランキングで政治記事チェックor応援クリック >>本日のレシピへ因果関係を逆さまに捉える風潮新古典派経済学、いわゆる主流派経済学といわれているものの理論なるフィクションをよくよくみてみると、因果関係を真逆に捉えたり捻じ曲げたりという話が非常に多いことに気が付かされます。一例を上げればリカードの比較優位という理論はいまだに自由貿易は良いものだ!という主張に必ずついて回るのですけれども、この内容を端的にいうと「自由貿易をすれば産業が特化できて得意分野に絞れる。したがって全体的には生産性が上がり、足りない財は輸入によって賄う」という理論です。つまりはビジネス特有の集中と選択を国家単位ですれば、自由貿易が保証されているならば世界全体で生産性が上がるので豊かになるはずだという理論です。ここまで解きほぐして説明した場合、まずは「合成の誤謬」「国家と企業は別...

ご支援くださる方はクリック→