中国向け工作機械輸出の増大と中国のAI大国への国家戦略

中国からの工作機械受注がえらいことになってます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24809770Z11C17A2X12000/

外需内需合わせた全体の受注額も2007年の過去最高額、1兆5899億円を10年ぶりに上回る可能性が高まっているとのこと。
中でも、平成29年11月の中国向けは前年同月の約2.7倍の412億円となり、電子機器の受託製造サービス(EMS)のスマートフォン(スマホ)製造向けの特需が復活、電気・精密は4.4倍の223億円に達したとあります。

一般社団法人日本工作機械工業会の工作統計統計でも確認しておきましょう。
http://www.jmtba.or.jp/machine/data

直近の11月だけではなく、平成29年に入りずっと前年同月比2倍近くあるいは2倍以上もの伸びです。

日経の記事にある...

ご支援くださる方はクリック→