平成30年を財源論脱却元年に!

『18年度予算案~一般会計総額97.7兆円で政府最終調整』(12/16毎日新聞)https://mainichi.jp/articles/20171216/k00/00m/020/193000c「政府は15日、2018年度当初予算案の一般会計総額を97.7兆円前後とする最終調整に入った。高齢化に伴い社会保障費などが増大するため、17年度当初(97.5兆円)から0.2兆円程度増加し、当初予算案としては6年連続で過去最大を更新する。新規国債発行額は33.7兆円前後で、08年度以来10年ぶりに33兆円台に低下する。18日の閣僚折衝を経て、22日に閣議決定する。(略)」政府から来年度予算案が公表され、いつもどおりマスコミ連中から、「過去最大を更新」、「防衛費が6年連続増」、「与党から公共事業費積み増しの強い圧力あり」などと批判の大合唱が起きている。バカなマスコミは無駄遣い云々と腹を立てるが、来年度...

ご支援くださる方はクリック→