「下町ロケット」佃製作所の強みは「給料制度」だった – BIGLOBEニュース


「下町ロケット」佃製作所の強みは「給料制度」だった >>記事全文
BIGLOBEニュース
ところがバブルが崩壊し、会社の存続が危ぶまれる事態になり、経営者が共同体的な良識や価値観などを一切かなぐり捨てて、アメリカ的経営、つまり新自由主義、商業主義にどっぷり浸かります。 人を道具やコストと考えるようになり、会社が生き残るためにリストラを実施し、 ...

ご支援くださる方はクリック→