①世界を不況にする消費税

①世界を不況にする消費税

日本の敗戦直後の1949年に、GHQは日本にカール・シャウプを団長とする税制使節団(シャウプ使節団)を送って来ました。シャウプ使節団は、日本政府への税制に関する勧告(シャウプ勧告)を行い、これ以後、日本の税制は大方シャウプ勧告に沿ったものになります。このシャウプ勧告の中に、それまで、地方税として課税されていた事業税を、企業の「人件費+利益」に課税する付加価値税に転換せよというものがありました。付加価値税はシャウプ博士の発案によるものです。しかし、まだ、世界中で付加価値税を導入していた国は無く、徴税当局の準備ができなかったこと、企業に与える負担の問題などから、この最初の提案は、審議未了・廃案となります。シャウプは翌年1950年にも来日し、同様の提案を行いました。しかし、再び、各界から猛烈な反対を受けます。政府税調も「付加価値税は諸般の事情に鑑みて廃止することと...

ご支援くださる方はクリック→