移民阻止には「多文化共生」か「同化政策」か



当ブログは移民受け入れには当然反対です。反対する理由は過去に何度も書いてますので、省略します。

それを踏まえて話します。

受け入れた移民をどのように処遇するかには2つの方法があると思います。

同化政策・・・受入国の言語、文化を習得させて自国民との差異を減らし一体化させる(フランス等)

多文化共生・・受入れ国の言語、文化の習得よりも出身国の特性を残したまま「良き市民」として国を作っていく(英国等)


結果としては、両方の試みも現状の西欧を見たら失敗と言えます。政策的な移民受け入れ政策自体が無理な事の証明と言えます。

そのことを踏まえて、我々のような「移民反対派」が移民拒否の目的を達成するにはどっちを取るか考えました。

日常会話の流れの中で、大々的に「移民反対」を取るのが困難なら、「多文化共生」の立場を選ぶべきです。「多文化共生」にはすごい...

ご支援くださる方はクリック→