収入の多い世帯と収入の少ない世帯を比較しました

今回は統計局のホームページより収入の多い世帯と収入の少ない世帯を比較してみました。http://www.stat.go.jp/data/kakei/longtime/index.htm
データは抽出されたサンプルのうち世帯収入のトップ2割の平均と、下位2割の平均をピックアップしてみました。データは最新のもので平成26年(2014年)なのですが、今回は安倍政権の政策評価と言うことで、平成24年(2012年:野田政権)のデータと併せて比較してみましょう。
というわけで、まずは実収入を見てみましょう。給料+年金etc.のことですね。データは1ヶ月当たりの金額を提示してあります。(2012年平均→2014年平均)
上位20%:832,743円→830,653円下位20%:298,820円→288,485円
もともと上位20%と下位20%では約2.8倍の収入の開きがありますが、減り幅は下位2...

ご支援くださる方はクリック→