②建物固定資産税が地方を滅ぼす

②建物固定資産税が地方を滅ぼす

地価の下落は建物固定資産税が存在する限り続きます。特に地方の土地は際限もなく下落するでしょう。おそらく、地方の土地は0円まで行くでしょう。この意味は、地方に住む日本国民は、ほとんど財産を持つことが出来ないということです。資産制度はマクロの中のマクロです。資本主義とは、互いの資産を信用し合うことで成り立つ社会を言います。よほど才能があり芸術家のような収入源を持っていれば、資産は必要でないかも知れませんが、たいがいの人は、そんなものは持ちませんから、住宅であり、土地であり、預金であり、株式といった資産を持つことが求められます。資本主義における信用とは、民間が自分自身で貨幣を増加させる能力のことです。つまり、政府の財政政策というよりも、むしろ金融政策に呼応して、借入の頃合を見て、借入できるということです。土地を持っていれば、借入したい時に、それを担保に金融...

ご支援くださる方はクリック→