③固定資産税は富裕税ではない

③固定資産税は富裕税ではない

政府は、土地と同様、建物固定資産税もまた応益税であると言っていますが、その行政サービスが何であるのかの説明が行われたことはありません。実際、土地固定資産税と建物固定資産税を応益税という共通の課税動機で論じると、どうしても建物固定資産税が応益税の定義からはみ出してしまうのです。土地の場合、応益税となる理由の一つに行政サービスから得るキャピタルゲイン(値上がり益)がありますが、建物固定資産税については、野放図に、建物には応益税を課税すべき格別な行政サービスが存在すると言うばかりで、キャピタルゲイン効果の説明は行われていません。それもそのはずです。インフレ時を除けば、消耗品であり、償却する建物にキャピタルゲインはあり得ません。当然、行政サービスによって生じた建物のキャピタルゲインを捕捉するという課税理由もまたあり得ないのです。ただし、あたかもキャピタルゲインの...

ご支援くださる方はクリック→