2016年度予算案

今日はこんな記事です。

負担軽減、低所得層が中心=子育て支援など拡充―暮らしこう変わる・16年度

2016年度予算案です。子育て支援がずいぶん充実しています。

記事から子育てに関することだけをピックアップしてみましょう。

・年収360万円未満の低所得世帯を対象に第3子以降の幼稚園保育料を無償化
・ひとり親の低所得世帯では第1子の保育料を半額、第2子以降を無償
・企業主導型の保育施設整備への助成を行い、受け入れ人数を5万人程度増やす
・一定所得以下の母子家庭や父子家庭を対象に子どもの養育を支援する「児童扶養手当」も、年収365万円未満の世帯に支給する多子加算の額を、第2子で1万円、第3子以降で6000円とそれぞれ倍増する。
・中学生以下の子どもを持つ世帯に幅広く支給してきた「子育て給付金」は廃止
・大学生などに対する無利子奨学金の貸与枠を6000人分増やすb...

ご支援くださる方はクリック→