検証を必要とする多数の経済常識

検証を必要とする多数の経済常識

 

多くの人は以下の事柄を当然の知見であると認識し記憶していることと思います。

そして様々な現象をこれら知見に照らし合わせて事の是非を判断しています。

ところがこれら知見が、何の検証もなしにマスメデアを通じて流布されたものであって、決して学問的な手続きを経ていないのだということ、場合によってはかなり妖しげな代物であるのだということを、ほぼどなたも思っておられないのではないでしょうか?

実は、これらのおかげで日本社会は、25年もの長期にわたり混乱してきたといっても過言ではありません。実は、これらが人々の正常な判断力が奪ってきたのです。

これらのことをしっかりと検証しない限り、この混乱は益々深まるばかりで、到底、将来世代に優れて安心な日本を渡すことは出来ないと思います。

 

改めて検証すべき事項を下記に列挙します。

 

★以下(①~⑳)は誤りの常識

①経済の成熟した国は低成長になる

②経済は生き物である

③お金は使えば消える

④経済成長すればお金も増える

⑤日本の長期不況を招いたのは、バブルを起こしたがゆえの必然の結果である。

⑥資産価格の上昇下落は、経済活動の結果である

⑦法人税の高低が・・・・・・・・・

⑧・・・・・・・・・・・・

 

以降続きは、拙ブログ「財政均衡式(旧Gokai)のブログ」でご確認ください。

http://ameblo.jp/nanaminoyuu/

尚、コメントくださる場合は、こちらブルーオーシャンにて受け付けます。

 

 


このユーザーがいいねしています

  • まさ

「検証を必要とする多数の経済常識」のコメント一覧

  1. 1
    まさ まさ  :

    おっしゃる通りだと認識しています。

  2. 2
    Gokai  :

    >>まささん

    ・有難うございます。
    ・同じ認識を持つものが多数派になれば、日本に限らず、世界も新たなステージに移れるのですけどね。まだ先は長そうです。