最低賃金1500円を拒絶する人たちが勘違いしていること

12月13日に、東京都内で、最低賃金1500円(時給)の実現を求めるデモが行われ、主催者発表で500人が参加したそうだ。毎日新聞の記事によると、デモに参加した若者は、政府が掲げる最低賃金1000円への引き上げでは生活苦は解消されないとして、、「最低賃金今すぐ上げろ!」「中小企業に税金回せ!」などと訴えながら、約1時間半かけてJR新宿駅周辺などを練り歩いたとのこと。我が国の最低賃金は、ほとんどの地域で、いまだに700~800円台でしかなく、生活保護以下の待遇だと揶揄されて久しい。
毎年の引き上げ幅も、せいぜい、20円程度で、政府が目標とする1000円という数字に届くまで、あと10年以上は掛かるだろう。毎日フルで働いても、月20万円にも満たないようでは、まともな生活は望めず、生活保護でも受けた方が、確かにマシだろう。国内のパートやアルバイト人口は1300万人以上にもなり、共...

ご支援くださる方はクリック→

「最低賃金1500円を拒絶する人たちが勘違いしていること」のコメント一覧

  1. 1
    noranekoma のらねこま  :

    タイトルを読んで、思わずニヤッとしてしまいましたw。あの話には自分も違和感ありましたからねえ。あれは労働市場至上主義ってやつでしょう。