苦悩するの罪人だけでよい

『裁判員事件で初の死刑執行川崎の大家ら3人殺害の津田寿美年死刑囚ら2人岩城法相が命令』(産経新聞2015年12月18日)
「確定判決によると、津田死刑囚は21年5月30日、住んでいた川崎市幸区のアパートで、大家の柴田昭仁さん=当時(73)=と弟の嘉晃さん=同(71)=夫妻の3人を包丁で刺殺した。」裁判員裁判により死刑判決が下された事件で、初めて死刑が執行された事例のニュースが大きく報じられた。とは言っても、バカマスコミ各社の報道ぶりは、裁判員の適正な判断に基づき、社会のクズが処断され、当然の報いを受けた、と歓迎するものではない。「裁判員の苦悩」、「悩みぬいた末の判断、重い胸中を激白」などと、死刑判決を下したことが、裁判員の方々にとって重篤な心理的負担を与えていると過剰に報じ、死刑判決を下すこと自体が悪であるかのように誘導している。こうした偏見に満ちた報道が、現に裁判員に...

ご支援くださる方はクリック→