動画内田聖子いま目の前にある危機Part2 「TPP協定文の衝撃」20151219 UPLAN



■第79回草の実アカデミーいま目の前にある危機Part2「TPP協定文の衝撃」講師:内田聖子氏(アジア太平洋資料センター事務局長)
 決裂をさけるために無理やり「大筋合意」したTPP。その協定文が11月5日に発表された。付属文書を含めれば6000ページ以上にも膨大なもので、現在関係者が読解を進めている。
TPPとは、単に関税を下げて自由貿易を推進する、などというレベルではない。生命や幸福よりも資本が大切、多国籍企業が大切、という思想のもとに樹立されようとしている「新世界支配体制」といってもいいのではないだろうか。もちろん、投資家、マネーを操る人たちによる支配である。
アメリカでも市民生活をよくするものではなく多国籍企業が儲かるだけだと、反対運動が急速に盛り上がりつつあるという。
あらためてTPPとはなにか。今どのような状態にあるのかを、この問題に一貫して取り組ん...

ご支援くださる方はクリック→